軽自動車の車検は専門サイトで調べよう|ドライブレコーダーも修理可

事故時の証拠映像

模型を持つ人

事故やトラブルが発生したときに、証拠映像を残す方法としてドライブレコーダーが活用されています。現在では、タクシーやトラックだけではなく、自家用車に設置する方も多くなっています。ドライブレコーダーを設置する場所は、フロントガラスやダッシュボートです。前方と車内を動画撮影することができます。交通事故というのは、事故が起きた後の状況から、さまざまな要素を分析して判断する必要がありました。しかし、それでは証明が難しい状況もありました。ドライブレコーダーを使用すれば、事故が起きたときの状況を確認することができるので、確実に正否を判断できるようになったのです。ドライブレコーダーを設定しておけば、確実な証拠として、動画を差し出すことができます。

安全運転の向上にも繋がるドライブレコーダーですが、選ぶときには画質に注目したほうが良いです。最近の物は、ほとんどがフルハイビジョンで高画質なのですが、古いモデルになると画質が悪いのもあります。画質が悪いと、状況を確認しづらい場合もあるので注意しておいたほうが良いです。また、HDRやWDRなどの機能もあるかどうかもチェックしておいたほうが良いです。この機能があることで、逆光や反射で視界が悪くなった場合でも、バランスを調整してクリアな映像を撮影することができるのです。他にも便利な機能として、パーキングモードがあります。パーキングモードは、車の鍵を入れていない状態でも、センサーによって自動で録画を始めることができる機能です。この機能があれば、駐車中に車がイタズラされたときや、当て逃げされたときも証拠をしっかり掴んでおくことができます。